読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はしばえいこの日記

スポットコンサル「ビザスク」を運営しています。積極採用中です(募集一覧=> https://goo.gl/Tu3uSs )

21歳の新卒就活時にとっさに答えたやりたいことを思い出したら今と同じだった

ごく最近、親しい大学生の就活最終面接の練習台になりました。自分だったら何を聞くかなあ、とか色々考えているうちに、17年前に自分が就活生だった時の一コマが蘇ってきました。

2000年に就活していた当時、WiLL(WiLL (異業種合同プロジェクト) - Wikipedia )というオレンジ色のロゴが特徴的だったプロジェクトがありまして、異業種が合同で一つのブランドを作るコンセプトにも、斬新な商品にも惹かれて、当時も今もとっても強い某メーカーの新卒採用プロセスに応募しました。

いくつかのプロセスを経て最終役員面接の一つ手前で、あちら側の長机には部長さんだったかと人事の方だったかな。こちら側のテーブルには学生2名。お互いの回答を即座に比べられるような、ちょっと緊張する雰囲気。

志望動機とか無難なことをいくつか聞かれたと思うんですがそれは何を答えたか覚えていなくて、最後に、

「もし自由に1億円(多分。10億円だったかも)の予算を使っていいって言われたら何に使う?」

といきなり聞かれました。

これは予想しなかった問いだなと焦りつつ、とっさに答えたのが、

「出来る限りたくさんの社員を一気に短期間の海外出張に送ってみたい。」

複数の人に「なんで?」と突っ込まれて、やばい間違えたか、と思いながら、

「自分は新規事業志望だけど、多分新規事業を作るには足りない予算だと思う。だったら会社全体が新しいものに目が向くようなインパクトを作りたいなと思って。。普段海外出張に行かない人も含めて、一気に海外出張に飛び出したら短期間でも変化が大きい気がする。あああ、通常業務との関係はやりくりしなきゃとは思うんですけど。。えっと行き先とかはバラバラでいいっていうか行きたいところでいいと思うんですけど。。単なる旅行じゃなくて仕事で行くのが大事なんです!!(大汗)」

と、しどろもどろ一生懸命答えました。

週末に大学生の面接練習に付き合っていて、このエピソードを思い出しまして。

今やっている事と同じじゃないか。変わってないじゃないかと。

短期間でもいいから、できるだけ多くの人が社外に出ることが新事業の創出に重要だと信じているから、アドバイザー側でも依頼者側でもたくさんの人に社外で活躍して欲しい。新しいビジネスするなら常に日本の外を意識していたい。あと、当時から組織を超えた取組みが好きだったんだな。本当に何も変わってない。

ビザスクのビジョンは「世界中の知見をつなぐ」、ミッションは「組織、世代、地域を超えて、知見を集めつなぐことで、世界のイノベーションに貢献する」

まわりまわって自分の興味の原点に還って来た、ということで、色々大変なこともあるけど、今やっていることはやっぱり天職かもしれない、と思いました。

やっぱり社外に出よう!みんなで新しい価値を創ろう!!